• 阿部海太郎&武田カオリ「HOUSE」奈良公演

    昨年リリースしたアルバム「HOUSE」のアンサンブルコンサートと、阿部のソロコンサート&トークを奈良のlistudeにて3日間に渡り開催いたします。長年親交のある鶴林万平さんと安奈さんが主宰されているlistudeでの演奏会がいよいよ叶います。初日のピアノソロコンサート後には鶴林万平さんとトークもします。「聴く」という行為について追求しながら音楽に向き合う者たちの会話のあとで、翌日・翌々日の「HOUSE」公演を体験いただくのもまた一興かと思います。

    詳細→

    公演日時・料金:
    1. 阿部海太郎 ソロコンサート&トーク
    2024年7月13日(土)開場 17:00/開演 18:00
    前売り ¥4,500 当日 ¥5,000

    2. HOUSEアンサンブル Vol.1
    2024年7月14日(日)開場 18:00/開演 19:00
    前売り ¥5,500 当日 ¥6,000

    3. HOUSEアンサンブル Vol.2
    2024年7月15日(月・祝)開場 12:00/開演 13:00
    前売り ¥5,500 当日 ¥6,000

    ソロ+アンサンブル セット料金:
    A. 7月13日(土)+7月14日(日)
    B. 7月13日(土)+7月15日(月・祝)
    前売のみ ¥9,000円 *枚数限定

    会場:
    listude(奈良県奈良市四条大路1-2-3/JR奈良駅より徒歩23分、近鉄電車新大宮駅より徒歩15分)
    *会場の駐車場はご利用いただけません。近隣のコインパーキングをご利用くださいませ。

    出演:
    阿部海太郎(ピアノ、ヴァイオリン 他)、武田カオリ(ヴォーカル)、小寺里枝・佐藤恵梨奈(ヴァイオリン)、春日井恵(ヴィオラ)、越川和音(チェロ)、新谷健介(クラリネット )、中村大史(バンジョー、ハープ)

    ドリンク&フード:
    Purje

    ご予約:
    listudeのオンラインストアにて5月17日(金)17:00より販売開始
    *全自由席となります。
    *未就学児はご入場いただけません。

    お問い合わせ:
    listude:info@listude.jp

    音響:鶴林万平
    宣伝美術:鶴林安奈
    制作:増崎真帆、伊藤豊

    主催:listude、THEATRE MUSICA
    協力:アトリエピアノピア、イトウ音楽社 

  • 阿部海太郎とnakabanとともに歩く植物園「緑のデギュスタシオン」

    高知県の牧野植物園にて開催される画家のナカバンさんとの演奏会「ピアノと絵のための湿った標本集」の関連企画として、同日、ワークショップも行います。一見、近しいものを見比べながら微小な差異と共に過ごす時間には特別な愉しさがあります。ワインの味を利くように植物園に溢れる緑の声を聴く。その前と後では違った気持ちで緑に対することができるはずです。緑の声に耳を傾けることの喜びを味わうワークショップです。素晴らしい植物園の中を一緒に歩きましょう。

    日程:2024年6月8日(土)10:10 受付開始/10:30〜11:30
    会場:牧野富太郎記念館 本館 アトリエ実習室(高知県高知市五台山4200-6 高知県立牧野植物園内)
    講師:阿部海太郎、nakaban(画家)、鴻上泰(植物園職員)
    対象:子ども〜大人 *未就学児童は保護者同伴
    定員:15名(先着順)
    参加費:無料(ワークショップのみ参加の場合は別途入園料が必要となります)
    お申し込み:5月8日(水)9:00~牧野植物園ホームページ内「イベント」の植物教室ページにて先着順にて

    nakaban(ナカバン):絵画、書籍の装画、文章、映像作品まで発表する。ステージでは幻燈的ドローイングを描く。絵本に『トラタのりんご』(岩波書店)、『ダーラナの火』(偕成社)などがある。広島在住。果樹栽培に夢中。

    阿部海太郎:クラシック音楽など伝統的な器楽の様式に着目しながら楽器の今日的な表現を追求する。舞台、テレビ番組、映画など幅広い分野での作曲活動のほか、独創的なコンセプトによる演奏活動も行う。音楽を手掛けた主な作品に、蜷川幸雄演出のシェイクスピア作品、連続テレビ小説「らんまん」(NHK)、ドラマ「京都人の密かな愉しみ」(NHKBSプレミアム・BS4K)な最新アルバムは歌手 武田カオリとの共作『HOUSE』。

  • 阿部海太郎による演奏とnakabanによる幻燈「ピアノと絵のための湿った標本集」

    画家のナカバンさんと高知県の牧野植物園にて「ピアノと絵のための湿った標本集」と題した演奏会をします。牧野富太郎博士が人生を懸けて私たちに残してくれた標本には、植物の味わいや振る舞いが記録されています。ピアノと絵が織りなす音色によって、標本の上で止まっていた時間が動き出し、植物たちが演じ始め、再びその味わいや振る舞いを私たちの前で醸し出すことでしょう。ナカバンさんとともに、牧野博士へのありったけの敬意と可笑しな愛情を込めてお届けします。同じ日の午前中には園内で「緑のデギュスタシオン」と題したワークショップも開催します(*こちらは別途お申し込みが必要となります)。

    日程:2024年6月8日(土)16:00 受付開始・開場/17:00 開演 ※雨天決行・荒天
    中止
    会場牧野富太郎記念館 展示館 階段広場(高知県高知市五台山4200-6 高知県立牧野植物園内)
    出演:阿部海太郎、nakaban(画家)
    料金:3,000円(入園料込み)
    お申し込み:5月10日(金)10:00〜チケットぴあにて販売開始
    チケットぴあ/Pコード:270401 興行コード:2416746
    ※電話・メール・FAX・植物園の入園窓口でのお申し込みは受け付けておりません。
    主催:高知県立牧野植物園
    詳細→

    nakaban(ナカバン):絵画、書籍の装画、文章、映像作品まで発表する。ステージでは幻燈的ドローイングを描く。絵本に『トラタのりんご』(岩波書店)、『ダーラナの火』(偕成社)などがある。広島在住。果樹栽培に夢中。

    阿部海太郎:クラシック音楽など伝統的な器楽の様式に着目しながら楽器の今日的な表現を追求する。舞台、テレビ番組、映画など幅広い分野での作曲活動のほか、独創的なコンセプトによる演奏活動も行う。音楽を手掛けた主な作品に、蜷川幸雄演出のシェイクスピア作品、連続テレビ小説「らんまん」(NHK)、ドラマ「京都人の密かな愉しみ」(NHKBSプレミアム・BS4K)な最新アルバムは歌手 武田カオリとの共作『HOUSE』。

  • 阿部海太郎&武田カオリ「HOUSE」金沢公演

    昨年リリースしたアルバム「HOUSE」の演奏会を金沢の廣誓寺で開催いたします。訪れるたび清貧な空気に心が洗われる廣誓寺にて、アルバムをつくり上げたメンバーと「HOUSE」の音楽を演奏できることが楽しみでなりません。完成したばかりの「HOUSE」のアナログ盤もどこよりも早く先行販売いたします。

    日程:
    2024年3月31日(日)開場17:00/開演:18:00
    会場:
    廣誓寺(金沢市昌永町13-25)*駐車場はございません。公共交通機関をご利用くださいませ。
    照明演出:
    白鷺美術
    出演:
    阿部海太郎(ピアノ、ヴァイオリン 他)、武田カオリ(ヴォーカル)、春日井久美子・小寺里枝(ヴァイオリン)、春日井恵(ヴィオラ)、越川和音(チェロ)、新谷健介(クラリネット)、中村大史(バンジョー、ハープ )
    料金:
    約 5,000円/当日 5,500円
    ドリンク・おにぎり:
    Shirasagi
    お菓子:
    金沢小町

    共催:THEATRE MUSICA、白鷺美術
    協力:廣誓寺

    お問合せ:白鷺美術(090-2090-4944 )
    *全自由席となります。
    *未就学児はご入場いただけません。
    *会場での各種お支払いでご使用いただけるのは現金のみとなります。
    *会場に駐車場はございません。公共交通機関をご利用くださいませ。
    *会場に能登半島地震被災者支援の募金箱を設置しています。
    ご協力いただけましたら幸いです。

    [ご予約]info@shirasagi-art.net 白鷺美術
    1. 件名「3/ 31演奏会」
    2. 氏名(代表者氏名をカタカナフルネームにて)
    3. 電話番号
    4. 人数

    上記を明記のうえ、お申込みください。
    メール受信後、数日以内に受信受付のメールをお送りします。
    *メール受信設定等ドメイン指定をされている方はご確認をお願い致します。
    *会場受付にて料金をお支払い頂いてのご入場となります。
    *お座席に限りがございますので、早めのお申し込みをお勧めいたします

    [金沢小町]
    2 0 1 3 年の移転に伴い、おなじみのデコレーションケーキ等、好評のお菓子に加え、自家製天然酵母を使用したパンも販売。
    金沢市東山3-14-21 TEL 076-200-7971
    営業時間12:00~18:00 月・火曜定休

    [廣誓寺](金沢市昌永町13-25)
    1598(慶長2)年金沢市の砂丘地帯・五郎島地区に、不破家が真言宗安養山廣誓寺を建立。不破家の菩提寺となる。1650(慶安3)年廣誓寺が現在地に移転。境内2000余坪(現在は1000坪)に、七堂伽藍を完備した寺院を建立。曹洞宗本源山廣誓寺とした。お寺としての行事のほか、寺小屋の会やオテラート(お寺+アート)、おてらくご(お寺+落語)等、年間を通じて様々なイベントも行っている。

  • オードリー・フォンドゥカヴと阿部海太郎によるライブペインティング

    長年の友人でもあるアーティスト、オードリー・フォンドゥカヴさんのライブペインティングで演奏いたします。自然由来の素材を使って描かれる有機的で優しいオードリーさんのペインティングが生まれるところに演奏をしながら立ち会えるのが嬉しいです。

    日程:2024年3月16日(土)14:35-14:55
    場所:有楽町マリオン センターモール(日比谷駅A0出口から直結)
    詳細→

    主催:Tokyo Creative Salon 2024
    Supported by CVJ
    企画・運営:Little Barrel、Gon Gohsha(Dorothy Vacance)
    *「TOKYO CREATIVE SALON 2024」のスペシャルイベントの一環です。

  • nakaban+阿部海太郎+大崎清夏『描く、奏でる、ハンドルを握る』

    画家・nakabanさんの個展「最近の手触り Recent Touches」のお祝いと、詩人・大崎清夏さんの『私運転日記』先行発売のお祝いを兼ねて、おふたりと一緒に、描いたり奏でたり読んだりします。nakabanさんの作品を見られることも、nakabanさんが装画・挿画を描いている大崎さんの『私運転日記』を手にできることも、待ち遠しいです。

    日時:2024年3月7日(木)
    開場:19:00 開演:19:30 終演:21:00
    会場:twililight(東京都世田谷区太子堂4-28- 10鈴木ビル3F&屋上/三軒茶屋駅徒歩5分)
    料金:3500円+1ドリンクオーダー
    定員:18名
    出演:nakaban(幻燈)、阿部海太郎(音楽)、大崎清夏(朗読)

    お申込:ignition.gallery@gmail.com
    *定員に達したのでキャンセル待ちとなります。
    件名を「nakaban+阿部海太郎+大崎清夏『描く、奏でる、ハンドルを握る』」として、お名前(ふりがな)・お電話番号・ご予約人数を明記の上、メールをお送りください。
    *このメールアドレスが受信できるよう、受信設定のご確認をお願い致します。2日経っても返信がこない場合は、迷惑フォルダなどに入っている可能性がありますので、ご確認ください。

  • shirasagi/白鷺美術 20 anniversary A long, endless waltz 果てなきワルツ

    金沢の「shirasagi/白鷺美術」が20周年を迎えられました。主宰する巽勇太さんの美学が貫かれるこの場所での出会いや時間は、いつも尊いです。20周年を記念する演奏会の第二幕に、武田カオリさんと出演いたします。心からのお祝いと感謝を込めて演奏します。


    今秋にお陰さまにて shirasagi/白鷺美術は20周年を迎えることとなりました。
    これも皆様のご愛顧の賜物と心より御礼申し上げます。
    感謝の気持ちを込めた記念企画として、演奏会と展覧会を開催いたします。
    「漂流の詩篇」では二期に渡り、白鷺美術所蔵の作品、標本等の展示を行います。
    そして12月、日曜の二夜に、長年音楽のみならず、多方面の芸術に影響を与えてきた素晴らしい音楽家による演奏会を行います。
    3日にトウヤマタケオ、mama!milk、17日に阿部海太郎、武田カオリが出演します。またその日限りの演出も考えております。
    初雪の候、特別なひとときに、皆様とご一緒できましたなら幸いです。
    ご来場、心よりお待ちしております。

    白鷺美術主宰 巽 勇太

    [一幕]
    日程:12月3日(日)
    開場/開演:18時30分/19時30分
    会場:shirasagi1F(金沢市柿木畠 4-16)
    出演:トウヤマタケオ、mama!milk(清水恒輔、生駒祐子)
    料金:4,500円
    food:ひらみぱん

    [二幕]
    日程:12月17日(日)
    開場/開演:18時30分/19時30分
    会場:shirasagi1F(金沢市柿木畠 4-16)
    出演:阿部海太郎、武田カオリ
    料金:4,500円
    food:金沢小町

    ※ 一、二幕共通料金: 8,500円

    [展覧会]
    「漂流の詩篇」
    白鷺美術が所蔵する作品、標本等の展覧会。
    会場:shirasagi2F
    一期:11月28日(火)~12月10日 (日)
    二期:12月14日(木)~12月24日 (日)
    時間:夜間 20時~24時(月曜定休)
    ※ 3日、17日は演奏会のため、チケットご購入のご来場者のみの閲覧となります。

  • 牧野富太郎ボタニカルオーケストラコンサート

    植物学者、牧野富太郎をモデルにした物語「らんまん」を彩った音楽は、植物に接する牧野の眼差しと同様に、音楽への敬意と愛情に満ちていました。その音楽の数々が、物語の舞台である高知で演奏されます。演奏するのは、高知交響楽団、高知香南ジュニアオーケストラ、そして、連続テレビ小説「らんまん」の音楽を手掛けた作曲家の阿部海太郎をはじめ、各楽器の分野でプロとして活躍する演奏家を東京から迎えて結成される、この日限りのオーケストラ、その名も「牧野富太郎ボタニカルオーケストラ」です。牧野が愛した植物と同じようにひとつひとつ豊かな個性をもつ楽器と、その音色が咲き誇るコンサートに、ぜひお出かけください。

    日時:2023年10月29日(日)13:00 開場 14:00 開演
    会場:高知県立県民文化ホール オレンジホール(高知県高知市本町4-3-30/JR高知駅から車で約10分/とさでん交通路面電車「高知駅前」→約5分「はりまや橋」下車→「「鏡川橋、朝倉、いの方面行き」に乗り換え→約5分「県庁前」下車 徒歩2分)
    料金:全席指定 S席(1階)前売 3800円 当日 4300円/A席(2階)前売 2800円 当日 3300円
    *未就学児はご入場いただけません。
    出演:牧野富太郎ボタニカルオーケストラ
    指揮:根本卓也
    演奏:高知交響楽団 高知香南ジュニアオーケストラ 小寺里枝(ヴァイオリン) 須賀麻里江(ヴァイオリン) 三谷陽子(ヴィオラ) 島津由美(チェロ) 泉真由(フルート) 﨑本絵里菜(オーボエ) 前田優紀(クラリネット) 中田小弥香(ファゴット) 坂東美佳(ピアノ) 堀米綾(ハープ) 山下俊輔(ギター) 中村大史(アコーディオン、バンジョー ほか) 阿部海太郎(ピアノ、アコーディオン ほか)

    チケット取り扱い
    ローソンチケット https://l-tike.com(Lコード 62582)
    高知県立美術館ミュージアムショップ Tel. 088-866-7653
    かるぽーと TEL. 088-883-5052
    高知県立県民文化ホール TEL. 088-824-5321

    配信視聴チケット:3,300円
    *視聴可能環境:iPhone, iPad, Mac(Safari), Window(MS Edge)/Androidスマホ不可
    *電波環境が良い環境でご視聴ください
    *配信時間は16時までとなります

    お問い合わせ: 株式会社ZEYO2010 TEL. 080-3409-5138 高知県立県民文化ホール TEL. 088-824-5321
    主催:株式会社ZEYO2010 高知県立県民文化ホール

  • 咲き誇る花の音コンサート

    高知出身のギタリストで、連続テレビ小説「らんまん」の音楽でも演奏してくださった山下俊輔さんとのライブが、牧野富太郎さんの出身地、佐川で開催されます。

    日時:2023年9月24日(日)12:30開場 13:00開演
    会場佐川町立 桜座(高知県高岡郡佐川町甲346−1)
    出演:阿部海太郎、山下俊輔
    ゲスト:松居孝行(二胡) 、佐伯北斗(ギター) 、寿美玲子(ソプラノ)、寿美華音(朗読)
    料金:3000円(桜座でのご購入は2500円)
    お問い合わせ・チケット販売:佐川町立 桜座 TEL.0889−22−7878 坂本 TEL.08034095138

  • Umitaro ABE & Kaori TAKEDA『HOUSE』リリース記念ライブ

    阿部海太郎と歌手・武田カオリが10年以上の歳月をかけて共作したアルバムが遂に完成。9月20日(水)にリリースされます。

    阿部からの誘いでスタートを切ったふたりのクリエーションは、気ままな寄り道や、思い思いの休息、さりげない遠回りを経て、図らずも長い時間がかかることになりました。けれど、その自由な道のりにはずっと一本の筋が通っていて、ふたりが迷うことはなく、目指していた以上の着地点にたどり着きました。阿部にとっては久しぶりのオリジナルアルバムでもあります。

    リリースに先駆けて、スコットホール(東京・西早稲田)にて記念ライブを開催、会場ではCDアルバムを先行販売いたします。

    日時:2023年9月9日(土)17:45開場 18:30開演
    会場:早稲田奉仕園スコットホール 講堂(東京都新宿区西早稲田2-3-1/東西線早稲田駅より徒歩5分・副都心線西早稲田駅より徒歩8分)
    出演:阿部海太郎(ピアノ、ヴァイオリン 他)武田カオリ(ヴォーカル)小寺里枝・佐藤恵梨奈(ヴァイオリン)春日井恵(ヴィオラ)福井綾(チェロ)新谷健介(クラリネット )中村大史(ギター、ハープ 他)
    料金:5,000円 
    *全自由席となります。
    *未就学児はご入場いただけません。
    *会場での各種お支払いでご使用いただけるのは現金のみとなります。
    *会場に駐車場はございません。公共交通機関をご利用くださいませ。

    ご予約/ご購入:
    【ご予約の場合:メール】
    件名を「HOUSE」として、本文に(1)お名前と読みがな(2)お電話番号(3)人数 を明記の上、[theatremusica@gmail.com] 宛にメールにてお申込みください。予約確認メールの返信をもってご予約完了となります。当日受付にて料金をお支払いくださいませ。

    **ご予約が定員に達しましたので、ご予約は締め切らせていただきました。当日券の販売はございません。何卒ご了承ください。

    【電子チケットご購入の場合:オンラインストア】
    阿部海太郎のオンラインストア・UTR storeにてご購入ください。ご購入のお手続きが完了しますと電子チケットが発行されます。当日ご入場の際にその画面をご提示ください。
    *画面のご提示がないとご入場いただけないことがございますのでご注意ください。
    *ご入場前にスタンプを押さないようにご注意ください。

    **電子チケットは予定枚数が完売となりまして販売を終了しております。当日券の販売はございません。何卒ご了承ください。

  • コンサート 青い鳥のハモニカ

    瀬戸内海にあるハンセン病療養所・長島愛生園との縁をきっかけに、盲人の仲間たちとハーモニカバンド「青い鳥楽団」を結成した近藤宏一さんの音楽を知り、その凄みに心をとらわれてから、近藤さんの足跡を追い続けています。音楽のみならず、近藤さんの詩やエッセイも魅力的です。このたび、東村山市にある国立ハンセン病資料館で開催される企画展「ハンセン病文学の新生面 ー『いのちの芽』の詩人たちー」の関連イベントとして、トウヤマタケオさんと当真伊都子さんと共に、近藤さんが残してくれた音楽と言葉を届けるコンサートを開催できることになりました。ひとりでも多くの方に近藤宏一さんという人を知ってほしい、そして、ハンセン病療養所から生まれた豊かな音楽や文学を通してこの病についての理解を深める機会を持ってほしいと願ってやみません。

    日時:2023年2月11日(土・祝)13:30 開場 14:00 開演 (15:30終演予定)
    会場:国立ハンセン病資料館 映像ホール(東京都東村山市青葉町4-1-13 TEL 042-396-2909)
    出演:阿部海太郎、トウヤマタケオ(作曲家、鍵盤奏者)、当真伊都子(ピアニスト、歌手、作曲家)
    料金:無料
    申し込み:*定員に達したため申し込みは終了いたしました
    *当日はライブ配信も行われます→
    (事前申し込み不要。どなたでも無料でご視聴いただけます)

  • レクチャーコンサート 劇と音楽

    • アートワーク:中島あかね

    音楽学者、現代音楽研究家、批評家であり、阿部の恩師でもある船山隆さんが名誉館長を務めていらっしゃる福島県郡山市中央図書館で毎年開催されているレクチャーコンサートに出演いたします。船山先生は武満徹の研究の第一人者でもあり、学生時代も今も多くのことを学ばせてくださる先生のお誘いで、「劇と音楽」というテーマでのレクチャーとコンサートができることを光栄に思っています。

    日時:2022年11月27日(日)13:30 開場 14:00 開演
    会場:郡山市中央図書館3階 視聴覚ホール(郡山市麓山1-5-25)
    出演:阿部海太郎(ピアノ)、小寺里枝、前原千里(ヴァイオリン)、橋本恵美(ヴィオラ)、越川和音(チェロ)、本多啓佑(オーボエ)、尾上昌弘(クラリネット)
    料金:無料

    プログラム:
    ○レクチャー1:船山隆「劇と音楽」 
    ○レクチャーコンサート:阿部海太郎と6人の演奏家によるアンサンブルコンサート 
    【主な演奏曲】
    映画『ハッピーアワー』(濱口竜介監督)より
    NHK BSプレミアム「世界で一番美しい瞬間」テーマ曲
    NHK BSプレミアム「京都人の密かな愉しみ」より
    映画『ペンギン・ハイウェイ』(石田祐康監督)より
    組曲『ビュッフェとジオノ』
    *曲目は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
    ○レクチャー2:船山隆と阿部海太郎 アフタートーク

    詳細→

  • KIGI10周年展覧会「all is graphics」演奏会 “時間の標本”

    植原亮輔さんと渡邉良重さんが「KIGI」としての活動を始めてから10年経ったそうです。おふたりとはそれよりも前からたくさんの作品を一緒につくってきました。その時間の蓄積をいつも愛おしく思います。これまでの感謝とこれから先も重ねていくだろう時間への願いを込めて、音楽を贈ります。

    日時:2022年11月19日(土)15:30 開場 16:00 開演
    会場:ヒルサイドプラザホール(東急東横線代官山駅より徒歩3分)
    出演:阿部海太郎(ピアノ)、小寺里枝、佐藤恵梨奈(ヴァイオリン)、春日井恵(ヴィオラ)、越川和音(チェロ)、本多啓佑(オーボエ)、中田小弥香(ファゴット)、葛城梢(マンドリン)
    料金:大人5,500円  高校生以下2,500円
    ・全自由席となります
    ・中学生は保護者の方(20歳以上)のご同伴をお願いします
    ・中学生未満の入場はお断りします
    チケット購入方法:事前予約制・下記Peatixよりチケットをお買い求めください
    https://20221119chs.peatix.com

    主催:KIGI
    共催:クラブヒルサイド

    詳細 →
    *この演奏会は、KIGI10周年展覧会「all is graphics」の関連イベントです

  • チンと周防大島探訪2 〜落語と音楽といろいろ〜

    2013年まではロックバンド銀杏BOYZのギタリスト、2013年からは山口県の周防大島で農業と僧侶、阿部にとっては長年にわたって盟友でもあり続ける中村明珍さん、通称「チン」さんが、仲間たちを召集して繰り広げる落語ありトークありライブありのイベント。昨年に続いて今年もお誘いいただきました。チンさんとしかできないパフォーマンスをします。

    日時:2022年11月17日(木)19:00 開演 18:30 開場
    会場:渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール(渋谷区桜ヶ丘23-21)
    出演:中村明珍、立川談笑、玉川太福 曲師:伊丹明、柳家緑太、村井守、阿部海太郎
    料金:前売り 3,000円 当日 3,500

    詳細 →

  • 阿部海太郎 秋の庭園コンサート

    秋の庭園コンサート

    静岡県三島にある「クレマチスの丘」にある「ヴァンジ彫刻庭園美術館」でコンサートを開催します。美術館では現在、開館20周年記念展「Flower of Life 生命の花」が開催されています。これまで折々に作曲や演奏の機会をいただき、尊い時間を過ごさせてもらってきた美術館への感謝とお祝いの気持ちを込めて、ピアノ、弦楽四重奏、木管五重奏による音楽を贈ります。いつも心が行き届いた秋の庭園と、祝祭のように集結した作品とともに、お楽しみいただけますように。

    日時:2022年11月3日(木・祝)14:30 開演
    場所:ヴァンジ彫刻庭園美術館 展示棟
    出演:阿部海太郎(ピアノ)、小寺里枝、前原千里(ヴァイオリン)、春日井恵(ヴィオラ)、島津由美(チェロ)、関聡子(フルート)、本多啓佑(オーボエ)、尾上昌弘(クラリネット)、嵯峨郁恵(ホルン)、石井野乃香(ファゴット)
    料金:無料(当日の美術館入館料のみ)
※全席自由、ご予約不要

    お問い合わせ:クレマチスの丘コミュニケーションセンター Tel. 055-989-8787(水曜休館)

    詳細 →

    • photo: Ryo Mitamura

  • さいはての朗読劇「珠洲の夜の夢」

    2021年の奥能登国際芸術祭で、珠洲市の廃校の体育館を舞台に、アーティストの南条嘉毅さんが発表した作品「余光の海」と、南条さんキュレーションによる7組のアーティストの作品で構成された「光の方舟」。珠洲市内で集められた膨大な生活用具とそれらが宿す記憶を題材としたこの作品群は、芸術祭後も、この土地の暮らしや文化を伝える劇場型民俗博物館「スズ・シアター・ミュージアム」として公開されています。「余光の海」の音楽を手掛けた縁で、この度、朗読劇を企画いたしました。言葉、演劇、声、音楽、唄、生活、もの、歴史…… 珠洲という「さいはて」の土地を成す要素が織りなす、ここでしか生まれ得ないものになると思います。

    日程:2022年10月21日(金)-23日(日)
    公演:①10月21日(金)19:00- ②10月22日(土)13:00- ③10月22日(土)18:00- ④10月23日(日)13:00-
    プレビュー公演:10月21日(金)15:00-
    *各公演、開場は開演時間の30分前
    *未就学児は本公演にはご入場いただけません。プレビュー公演をご覧ください。
    会場:スズ・シアター・ミュージアム (石川県珠洲市大谷町2-47)

    作:大崎清夏
    構成・演出:長塚圭史
    
出演:北村有起哉と珠洲のみなさん
    
音楽・演奏:阿部海太郎 
    唄:池谷内吉光 

    美術:南条嘉毅 

    照明:鈴木泰人 

    音響:伊藤豊(イトウ音楽社)  

    衣装:市井まゆ

    ヘアメイク:赤間直幸
    
舞台監督:山添賀容子
    
宣伝美術:江藤公昭(PAPIER LABO.) 

    料金:[前売] 一般 3,000円/学生 2,000円 [当日] 一般 3,500円/学生 2,500円 [プレビュー公演] 一般 2,000円/学生 1,500円

    チケット購入:オンライン販売 Peatix →  /窓口販売→スズ・シアター・ミュージアム、国際芸術祭実行委員会、ラポルトすず、道の駅すずなり

    詳細 →

    *珠洲へのアクセスはこちらをご覧ください。
    *珠洲の宿泊施設の情報はこちらをご覧ください。

  • Umitaro ABE, nakaban and Sayaka Ōsaki presents 暗闇に手をひらく

    動物には描けない丸と十字。人がそこに居る証。

    阿部海太郎の最新アルバム「Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本」に収録されている「June -Les mains 六月 手」をモチーフに、作曲家、画家、詩人の3人が築くコンサートが、東京に続き、金沢で繰り広げられます。音楽と絵と言葉が描き出すさまざまな手、そして、あなたの手。あらゆる手は尊く、何も持たなくとも結び合うことはできる。それも人の証でしょう。

    予告映像→

    日時:2022年10月9日(日)19:00 開場 19:30 開演

    出演:阿部海太郎(演奏)、nakaban(幻燈)、大崎清夏(朗読)

    会場:shirasagi/白鷺美術(金沢市柿木畠4-16)

    料金:大人 4,000円 /小学生以上18歳以下 2,500円/未就学児 無料
    *別途、1ドリンク(500円)をオーダーいただけますようお願い致します。
    *全自由席となります。
    *未就学児はご同行者とご一緒のお席となります。お席をご希望の場合は小学生以上18歳以下としてご予約ください。なお、出演者のパフォーマンスやお客様の鑑賞に影響がある場合に一時退出をお願いすることがありますことをあらかじめご了承ください。

    ご予約:
    件名を「暗闇に手をひらく」として、本文に(1)お名前と読みがな(2)お電話番号(3)大人、小学生以上18歳以下、未就学児の各人数 を明記の上、【info@shirasagi-art.net】(白鷺美術)宛にメールにてお申込みください。予約確認メールの返信をもってご予約完了となります。

    ・メール受信設定などドメイン指定をされている方はご確認をお願い致します。
    ・十分なスペースを確保するため座席数を制限しております。定員に達し次第、ご予約締め切りとなります。
    ・料金は当日会場受付にてお支払いください。
    ・会場には駐車場はございません。最寄りのコインパーキングをご利用下さい。
    ・公演中の写真および動画撮影はご遠慮ください。
    ・会場ではできる限りの感染予防対策をいたしますが、ご来場の際はマスクの着用と体調を整えてのご参加をお願い申し上げます。

    お問い合わせ:件名を「暗闇に手をひらく」として【info@shirasagi-art.net】宛にお問い合わせください。

    共催:THEATRE MUSICA、白鷺美術

    【出演者プロフィール】
    nakaban(なかばん)
    画家。絵画、書籍の装画、文章、映像作品まで発表する。ステージでは幻燈的ドローイングを描く。絵本に『よるのむこう』(白泉社)、『ぼくとたいようのふね』(BL出版)などがある。広島在住。果樹栽培に夢中。

    大崎清夏(おおさきさやか)
    詩人。2005年頃から詩作を始め、2011年、ユリイカの新人としてデビュー。詩集『指差すことができない』で第19回中原中也賞受賞、『踊る自由』で第29回萩原朔太郎賞最終候補。そのほか詩集に『新しい住みか』(青土社)、絵本に『うみのいいものたからもの』(絵:山口マオ/福音館書店)などがある。コラボレーションの仕事に阿部海太郎が作曲を手がけた映像作品「高尾をめぐる」ほか多数。2019年ロッテルダム国際詩祭招聘。

    ・阿部海太郎(あべうみたろう)
    作曲家。幼い頃よりピアノ、ヴァイオリン、太鼓などの楽器に親しみ、独学で作曲を行うようになる。東京藝術大学と同大学院、パリ第八大学第三課程にて音楽学を専攻後、舞台、テレビ番組、映画と、幅広い分野で作曲活動を行う。音楽を手掛けた主な作品に、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出『100万回生きたねこ』、『百鬼オペラ 羅生門』、森山開次演出・振付『星の王子さま ーサン=テグジュペリからの手紙ー』、NHK『日曜美術館』テーマ曲、ドラマ『京都人の密かな愉しみ』など。

  • Umitaro ABE and nakaban presents «Tentopathie»

    心に感じたことは信じなければならない。ことにそれが虫の知らせであるときは。ーー B・グラシアン

    音楽家・阿部海太郎と画家・nakabanが贈る秘密のパフォーマンス「テントパシー」。テントの奥で音楽家と画家が、あなたに合わせて音と画材を調合いたします。ええ、それは絶えて久しき藝術療法。たった一人のためのほんのひとときのパフォーマンスです。昨年に続き再び金沢で開催される「KANAZAWA SDGs フェスタ」にて。

    ・会場:金沢市役所第二本庁舎(金沢市柿木畠1-1)
    ・料金:1,000円(ハーブティー付き)
    ・時間:前半12:00~/後半14:00~
     前半・後半各約10枠、各回5分ほど 1回1人ずつ
    当日10:00より整理券を配布いたします。

    *ご予約の方の膝の上にお座りいただける未就学児のみ同伴できます。
    *料金は整理券と引き換えにお支払いください。
    *整理券に記載された時間の10分前には、テントのそばでお待ちください。

    *「KANAZAWA SDGs フェスタ」の詳細は、インスタグラム @otomenokanazawa(オトメの金沢 陳列室) でご確認ください。

    協力:橋本建築造園設計、mogo

  • EACH STORY

    長野県野辺山高原、標高1350mの森の中に広がるキャンプ場で開催されるライブイベント「EACH STORY」に出演します。大自然の中で新しい価値観が生まれるようなイベントをつくりたいとの熱意で昨年初めて開催されたイベントです。武田カオリさんと一緒に臨みます。

    日時:2022年10月1日(土)- 10月2日(日)
    出演:阿部海太郎+武田カオリ、石橋英子 BANDSET、江崎文武+ermhoi、GABBY&LOPEZ、jan and Naomi 他
    会場:五光牧場オートキャンプ場(長野県南佐久郡川上村樋沢1417)
    入場券:大人 2日券 13,500円 (当⽇:15,000円) / 1日券 8,000円 (当⽇:9,000円) 子供(7歳以上/18歳未満) 3,300
    *車でご来場の場合はデイキャンプチケット、オートキャンプをされる方はオートキャンプチケットが別途必要となります。
    チケット販売サイト →

    詳細 →

  • Umitaro ABE, nakaban and Sayaka Ōsaki presents 暗闇に手をひらく

    動物には描けない丸と十字。人がそこに居る証。

    阿部海太郎の最新アルバム「Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本」に収録されている「June -Les mains 六月 手」をモチーフに、作曲家、画家、詩人の3人が築くコンサート。農民の手、音楽家の手、大工の手、画家の手、料理人の手、詩人の手、あなたの手。その手がまた、営みを生み、人の証を刻むことでしょう。

    * 「暗闇に手をひらく」 予告映像 →

    日時:2022年7月31日(日) 【1】13:30 開場 14:00 開演 【2】17:00 開場 17:30開演
    出演:阿部海太郎(演奏)、nakaban(幻燈)、大崎清夏(朗読)
    会場:ヒルサイドプラザ(東京都渋谷区猿楽町29-10 ヒルサイドテラス内 代官山駅より徒歩3分、中目黒駅より徒歩7分)
    料金:大人 4,200円 /小学生以上18歳以下 2,500円/未就学児 無料
    *全自由席となります
    *未就学児はご同行者とご一緒のお席となりますことをご了承ください。お席をご希望の場合は小学生以上18歳以下としてのご予約/ご購入をお願い致します。

    ご予約/ご購入:
    メールにてご予約、または、オンラインストアにて電子チケットをご購入ください。

    【ご予約の場合:メール】
    件名を「暗闇に手をひらく」として、本文に(1)お名前と読みがな(2)お電話番号(3)大人、小学生以上18歳以下、未就学児の各人数(4)ご希望の回(【1】または【2】) を明記の上、[ theatremusica@gmail.com ]宛にメールにてお申込みください。予約確認メールの返信をもってご予約完了となります。当日受付にてお名前をお伝えいただき、料金をお支払いください。※電子チケットのご購入は不要です。

    【電子チケットをご購入の場合:オンラインストア】
    阿部海太郎のオンラインストア・UTR storeにて「暗闇に手をひらく」の、ご希望の回(【1】または【2】)、ご希望の券種(大人4,200円 または 小学生以上18歳以下2,500円)をご購入ください。ご購入のお手続きが完了しますと、電子チケットが発行されます。その画面か出力を演奏会当日に必ずご持参いただき、受付にてご提示ください。

    お問い合わせ:件名を「暗闇に手をひらく」として[ theatremusica@gmail.com ] 宛にお問い合わせください。

    制作協力:VEHICLE inc.
    主催/制作:THEATRE MUSICA

    nakaban(なかばん)
    画家。絵画、書籍の装画、文章、映像作品まで発表する。ステージでは幻燈的ドローイングを描く。絵本に『よるのむこう』(白泉社)、『ぼくとたいようのふね』(BL出版)などがある。広島在住。果樹栽培に夢中。

    大崎清夏(おおさきさやか)
    詩人。2005年頃から詩作を始め、2011年、ユリイカの新人としてデビュー。詩集『指差すことができない』で第19回中原中也賞受賞、『踊る自由』で第29回萩原朔太郎賞最終候補。そのほか詩集に『新しい住みか』(青土社)、絵本に『うみのいいものたからもの』(絵:山口マオ/福音館書店)などがある。コラボレーションの仕事に阿部海太郎が作曲を手がけた映像作品「高尾をめぐる」ほか多数。2019年ロッテルダム国際詩祭招聘。

    阿部海太郎(あべうみたろう)
    作曲家。幼い頃よりピアノ、ヴァイオリン、太鼓などの楽器に親しみ、独学で作曲を行うようになる。東京藝術大学と同大学院、パリ第八大学第三課程にて音楽学を専攻後、舞台、テレビ番組、映画と、幅広い分野で作曲活動を行う。音楽を手掛けた主な作品に、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出『100万回生きたねこ』、『百鬼オペラ 羅生門』、森山開次演出・振付『星の王子さま ーサン=テグジュペリからの手紙ー』、NHK『日曜美術館』テーマ曲、ドラマ『京都人の密かな愉しみ』など。