• コンサート 青い鳥のハモニカ

    瀬戸内海にあるハンセン病療養所・長島愛生園との縁をきっかけに、盲人の仲間たちとハーモニカバンド「青い鳥楽団」を結成した近藤宏一さんの音楽を知り、その凄みに心をとらわれてから、近藤さんの足跡を追い続けています。音楽のみならず、近藤さんの詩やエッセイも魅力的です。このたび、東村山市にある国立ハンセン病資料館で開催される企画展「ハンセン病文学の新生面 ー『いのちの芽』の詩人たちー」の関連イベントとして、トウヤマタケオさんと当真伊都子さんと共に、近藤さんが残してくれた音楽と言葉を届けるコンサートを開催できることになりました。ひとりでも多くの方に近藤宏一さんという人を知ってほしい、そして、ハンセン病療養所から生まれた豊かな音楽や文学を通してこの病についての理解を深める機会を持ってほしいと願ってやみません。

    日時:2023年2月11日(土・祝)13:30 開場 14:00 開演 (15:30終演予定)
    会場:国立ハンセン病資料館 映像ホール(東京都東村山市青葉町4-1-13 TEL 042-396-2909)
    出演:阿部海太郎、トウヤマタケオ(作曲家、鍵盤奏者)、当真伊都子(ピアニスト、歌手、作曲家)
    料金:無料
    申し込み:国立ハンセン病資料館のウェブサイトよりお申し込みください。定員70名に達し次第締め切りとなります。
    ※当日はライブ配信も行われる予定です