• 永野雅子 写真展 かすかな光

    写真家の永野雅子さんにポートレートを撮影いただきました。その写真も展示される展覧会が開催されます。出会ってからずいぶん経ちますが、この機会に撮影いただけたこと、ありがたく思います。

    永野雅子 写真展 かすかな光
    日程:2022年1月7日(金)ー1月17日(月)11:00-19:00 最終日は17:00まで
    会場:America-Bashi Gallery(東京都渋谷区恵比寿南 1-22-3)

  • 恋せぬふたり

    2022年1月10日(月)にスタートする、よるドラ「恋せぬふたり」の音楽を手掛けました。アロマンティック・アセクシュアルのふたりが主人公の物語です。ふたりの心の動き、葛藤を丁寧に汲み取ろうとする製作陣、俳優陣の思いがこもったドラマです。

    よるドラ「恋せぬふたり」
    放送日時:2022年1月10日(月)スタート 全8回 22:45
    脚本:吉田恵里香
    主題歌:CHAI「まるごと」
    アロマンティック・アセクシュアル考証:中村健 三宅大二郎 今徳はる香
    制作統括:尾崎裕和
    プロデューサー:大橋守 上田明子
    演出:野口雄大 押田友太 土井祥平
    音響デザイン:吉川陽章

    出演:岸井ゆきの、高橋一生/濱正悟、小島藤子、菊池亜希子、北香那、アベラヒデノブ、西田尚美、小市慢太郎

  • 忠臣蔵狂詩曲No.5 中村仲蔵 出世階段

    12月4日・11日に放送されるドラマ「忠臣蔵狂詩曲No.5 中村仲蔵 出世階段」の音楽を手掛けました。脚本・演出は「京都人の密かな愉しみ」「スローな武士にしてくれ」「ライジング若冲」などでもご一緒している源孝志さん。江戸時代に実在した役者、中村仲蔵の下剋上人生を描く物語です。仲蔵の創意工夫に満ちた一世一代の芸へのオマージュのつもりで音楽をつくりました。エンディングまでお見逃し、お聞き逃しなく。

    「忠臣蔵狂詩曲No.5 中村仲蔵 出世階段」
    放送日時:2021年12月4日・11日(土)21:00-22:29 BSプレミアム・BS4K
    脚本・演出:源孝志
    出演:中村勘九郎、上白石萌音、中村七之助、谷原章介、若村麻由美、尾上松也、大東駿介、山西惇、波岡一喜、本田博太郎、髙嶋政宏、藤原竜也、名取裕子、笹野高史、石橋蓮司、吉田鋼太郎、段田安則、市村正親

    作曲についての阿部のコメントが番組のスタッフブログに掲載されています。

  • 庭をめぐる対話

    山田咲さんが監督した映画「庭をめぐる対話」の音楽を手がけました。山田さんは、創業170年以上の京都の造園会社、植彌加藤造園で日本庭園の活用事業を担当されています。日本とフランスで庭園づくりに携わる6人の対話の音声が主役という独特のアプローチで、人と庭の関係性を深掘りしながら露わにしていく作品です。今後、各地のアンスティチュ・フランセで上映される予定です。

    「庭をめぐる対話」
    監督:山田咲
    登場人物:アラン・バラトン(ベルサイユ宮殿主任庭師)、ジャクリーヌ・オスティ(ランドスケープアーキテクト)、水眞洋子(在仏庭園史研究者、造園家)、山田咲(植彌加藤造園知財企画部長)、加藤末男(文化財庭園保存技術者・植彌加藤造園)、吉川大輔(植彌加藤造園庭園部)
    助成:ヴェオリア・ジャパン株式会社、アンスティチュ・フランセパリ本部
    共同制作:在日フランス大使館 /アンスティチュ・フランセ日本、植彌加藤造園株式会社

    福岡上映会
    日程:2021年10月26日(火)18:30-
    会場:アンスティチュ・フランセ九州 *オンライン参加も可能
    詳細→ 

    京都上映会
    日程:2021年10月28日(木)18:00-
    会場:アンスティチュ・フランセ関西
    詳細→ 

    *今後、東京、横浜、札幌、パリでも巡回上映予定です

  • 100台のトイピアノ展 ー秘密の森の庭のシアターコンサートー

    トイピアノが主役のイベントで演奏します。

    detail →

  • UCC パーパスムービー

    UCCグループの新しいコーポレートメッセージを伝えるムービーの音楽を担当しました。ひと粒のコーヒー豆から、愛ある世界が広がる物語です。UCCのウェブサイト「私たちの存在意義」のページからご覧いただけます。

    企画制作:ライトパブリシティ+KIGI
    クリエイティブディレクション・コピーライティング:国井美果
    アートディレクション・企画:植原亮輔(KIGI)
    アートディレクション・イラストレーション:渡邉良重(KIGI)
    デザイナー:大坪メイ(KIGI)
    プロデュース:田保智世、篠崎裕美(ライトパブリシティ)
    アニメーション:森本眞生
    イラストレーションアシスト:岡室起子
    ナレーション:レイチェル・チャン

  • Tentopathie

    金沢で開催されるマーケット企画で、画家のnakabanさんとちょっと変わったことをします。

    datail →

  • スズ・シアター・ミュージアム「光の方舟」

    能登半島の先端に位置する珠洲市で開催されている「奥能登国際芸術祭2020+」のプログラムのひとつ、「スズ・シアター・ミュージアム『光の方舟』」の音楽を手掛けました。スズ・シアター・ミュージアムは、珠洲の家々の蔵に残されていた民具(日用品や農具、漁具など)を集め保存するプロジェクト「大蔵ざらえ」の集大成となるもので、南条嘉毅さんのキュレーションのもと8組のアーティストが民具を素材に作品をつくリ展示しています。芸術祭終了後も常設施設として残される予定です。珠洲は日本列島のほぼ中央に位置するそうで、何度でも訪れたくなる魅力があるところです。

    スズ・シアター・ミュージアム「光の方舟」 
    鑑賞料金:一般800円 大学生600円 小中高校生400円
    住所:旧西部小学校(珠洲市大谷町2-47)
    作品鑑賞時間:9:30-17:00(奥能登国際芸術祭2020+会期中)

    奥能登国際芸術祭2020+
    会期:2021年9月4日(土)ー10月24日(日)
    会場:石川県珠洲市全域

  • 空のハモニカ〜わたしがみすゞだった頃のこと~

    長田育恵さん脚本、扇田拓也さん演出の朗読劇「空のハモニカ〜わたしがみすゞだった頃のこと~」の音楽を担当します。詩人、金子みすゞが本名の「テル」として生きた最後の日々を描くこの作品は、2011年にてがみ座で初演されました。今回、朗読劇として上演されるにあたって新たに音楽で参加させてもらうことになりました。

    『交響朗読劇 空のハモニカ〜私がみすゞだった頃のこと~』
    脚本:長田育恵
    演出:扇田拓也
    出演:石村みか、今泉舞、大場泰正、高畑こと美、中田春介、箱田暁史、福田温子、水口早香、森啓一朗、八木光太郎
     
    日程:2021年8月18日(水)17:30・8月19日(木)11:00・16:00
    会場:横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ (神奈川県横浜市泉区和泉中央南5-4-13 相鉄いずみ野線 各停・快速・通勤急行「いずみ中央駅」下車 徒歩1分)

  • 『針と声』と『七月 羊の夢』白鷺美術(金沢)にて

    金沢の白鷺美術で「Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本」12インチアナログ盤リリース記念の企画を2日間連続で開催いたします。

    detail →

  • 首切り王子と愚かな女

    蓬莱竜太さん作・演出『首切り王子と愚かな女』の音楽を担当します。架空の王国ルーブに生きるさまざまな立場の人間たちの愛憎や思惑が渦巻くファンタジーです。

    『首切り王子と愚かな女』
    作・演出:蓬莱竜太
    出演:井上芳雄、伊藤沙莉、高橋努、入山法子、太田緑ロランス、石田佳央、和田琢磨、若村麻由美 他

    東京公演  
    日程:2021年6月15日(火)ー7月4日(日)
    会場:PARCO劇場

    大阪公演
    日程:2021年7月10日(土)ー7月11日(日)
    会場:サンケイホールブリーゼ

    広島公演
    日程:2021年7月13日(火)
    会場:JMSアステールプラザ 大ホール

    福岡公演
    日程:2021年7月16日(金)ー7月17日(土)
    会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール

    『首切り王子と愚かな女』公演情報 →

  • 読書日和

    共同通信配信「読書日和」に寄稿しました。国立ハンセン病療養所「長島愛生園」でその存在と音楽に出会った近藤宏一の著作「闇を光に」について書きました。全国各地の地方紙で順次掲載されています。

  • 『Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本』12インチアナログ盤リリース

    2020年秋に発表したアルバムの12インチアナログ盤(ピアノ楽譜付き)が完成しました。22.2chで録音された音源を、イギリスのエンジニア・Eric Jamesに託してマスタリングされたサウンドは、楽曲に込められた作曲家の意図を忠実に汲み取ったクオリティ。クリエイティブユニット・KIGIが手掛けたジャケットの大胆なタイポグラフィーが目を引き、阿部の手書きの楽譜をもとにしたピアノ譜がセットされる本作。アナログの醍醐味が集約されています。

    『Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本』12インチアナログ盤(ピアノ楽譜付き)
    発売日:2021年5月26日 
    定価:5,280円(税込)
    マスタリング:Eric James(Philosophers Barn Mastering, Norfolk, UK)
    カッティング:Audiotree, Norfolk, UK
    アートディレクション:植原亮輔、渡邉良重(KIGI)

  • オンラインストア「UTR store」オープン

    オンラインストアができました。お店の名前は「UTR store」です。CDやアナログレコード、グッズなどを販売しています。オリジナルの包装紙に包んでお届けします。

    UTR store →

  • 『世界で一番美しい本』レコード試聴会

    阿部海太郎のアナログレコード「Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本」が5月26日に発売になります。今月オープンしたばかりのレコードと植物とコーヒーのお店「STILLPARK」の店主・山崎真央さんと、アナログレコードのデザインを手掛けてくれた「KIGI」の植原亮輔さんと、開封したてホヤホヤのレコードを試聴しながらあれこれ話します。

    『世界で一番美しい本』レコード試聴会
    インスタグラムアカウント @umitaroabe にて
    日時:5月17日(月)20:30より30分程度
    トーク:山崎真央(STILLPARK)、植原亮輔(KIGI)、阿部海太郎

  • 蓉子の部屋

    ifs未来研究所所長の川島蓉子さんがWWDで連載する「蓉子の部屋」におじゃましました。川島さんとのおしゃべりを音声でお聞きいただけます。

    音声座談会「蓉子の部屋」→

  • DOORS

    倉持裕さん作・演出『DOORS』の音楽を担当します。「そうであったはずの世界」と「こうなってしまった世界」を行き来する先に、倉持さんはきっと明るい世界を見せてくれるでしょう。

    『DOORS』
    作・演出:倉持裕
    出演:奈緒、伊藤万理華、菅原永二、今野浩喜、田村たがめ、早霧せいな

    東京公演  
    日程:2021年5月16日(日)ー5月30日(日)
    会場:世田谷パブリックシアター

    群馬公演
    日程:2021年6月3日(木)
    会場:太田市民会館

    新潟公演
    日程:2021年6月6日(日)
    会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場

    富山公演
    日程:2021年6月9日(水)
    会場:富山県民会館 ホール

    大阪公演
    日程:2021年6月12日(土)、13日(日)
    会場:サンケイホールブリーゼ

    名古屋公演
    日程:2021年6月16日(水)、17日(木)
    会場:日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

    福岡公演
    日程:2021年6月19日(土)、20日(日)
    会場:ももちパレス 大ホール

    『DOORS』公演情報 →

  • FREEDOM DICTIONARY

    昨年12月に開催した「生活の二重奏と時報」をテーマにアーティストKeitarrowさんが制作してくださったアートワークが、クラブキングの桑原茂一さんが主宰する冊子「FREEDOM DICTIONARY」の最新号No.199に掲載されています。街で見かけたら是非ご覧ください。

    FREEDOM DICTIONARY →

  • EACH STORY

    山梨県北杜市の森の中のガーデンで開催されるイベント「EACH STORY 〜春〜」に出演します。
    *このイベントは緊急事態宣言発令により中止となりました。1年後の春に開催できることを願っています。
    detail →

  • シェイクスピアの音楽をかくことーー蜷川幸雄の現場から

    世界の演劇にまつわる貴重な資料を収集・保管・展示する早稲田大学演劇博物館の「シェイクスピア祭演劇講座」にお招きいただきました。2008年に「リア王」の劇音楽を手がけたのをはじまりに、蜷川幸雄さん演出のシェイクスピア作品の現場で経験したことが作曲家としての糧になっていることは間違いありません。蜷川さんのもとでシェイクスピアの音楽をつくることがどのようであったか、当時の資料やピアノでの実演など交えてお伝えしたいと思っています。

    講師:阿部海太郎
    日時:2021年6月1日(火)18:30ー20:30
    会場:オンライン
    定員:400人
    参加無料
    *要事前予約・定員を超える場合は抽選となります。

    申し込み期間:4月23日(金)10:00ー5月14日(金)17:00
    申し込み:enpaku ウェブサイトより

    シェイクスピアの音楽をかくことーー蜷川幸雄の現場から →