• 楽譜集「阿部海太郎 ピアノ撰集 ーピアノは静かに、水平線を見つめているー」

    「そもそも楽譜とは、未来のための日記なのかもしれません。」(『阿部海太郎 ピアノ撰集』より)

    ピアノ曲から、他の楽器やオーケストラのための曲をピアノ用に編曲したものまで全25曲を収録した楽譜集。阿部自身による各曲の解説は、音楽として書きつけられた記憶や背景にある物語を想像させます。装丁は葛西薫さん。楽譜という存在そのものに緻密に向き合ったページの集積には書物としての美しさがあり、文学的な香りさえ漂ってきます。

    「阿部海太郎 ピアノ撰集 ーピアノは静かに、水平線を見つめているー
    Umitaro ABE Florilège pour piano -Le piano, silencieusement, contemple l’horizon.-」
    2,800円+税
    2019年5月31日発売
    菊倍判/104ページ
    全25曲

    収録曲:
    ひらく
    楽興の時
    夏頌歌
    カップルのためのワルツ
    日傘
    ブローチ
    ルペラージュ
    【サウンドストーリー『ホテルバタフライ』より 】
    ホテルバタフライ
    ホテル支配人
    日曜日
    ホテルの時間はかく流れし
    【組曲『庭園美術館のための三つの装飾』】
    香水塔
    モザイク模様の昼下がり
    楕円形の食卓
    【組曲『テーブルクロスのバレエ』より】
    第一番
    第二番
    第三番
    【組曲『ビュッフェとジオノ』より】
    エルゼアール・ブフィエ邸の庭
    渓谷の夜
    【『京都人の密かな愉しみ』より】
    エドワード・ヒースロー
    ミヤコ・サワフジ
    【『ペンギン・ハイウェイ』より】
    天才少年の朝
    ペンギン・ハイウェイのテーマ
    お姉さん
    【連弾】果物のセレナーデ

    発行:株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
    編集:杉村文子
    校訂:久松義恭
    編曲:久 隆信、紫垣佳予子
    浄書:株式会社クラフトーン
    装丁・デザイン:葛西 薫、都築 陽(株式会社サン・アド)
    協力:伊比由理恵(株式会社サン・アド)
    タイトル訳:オードリー・フォンドゥカヴ