back
2nd album

"SOUNDTRACK FOR D-BROS"

at Tim and Asako’s House, London

架空のホテルを描いた“HOTEL BUTTERFLY”のシリーズ、カレンダー作品から始まり、のちに絵本となった『BROOCH』のための楽曲、チョコレートをテーマにした映像作品『欲望の茶色い塊』のサウンドトラック、カップ&ソーサーのために作曲された楽曲など、これまで手がけたD-BROSとの多くのプロジェクトのほか、本作のために書き下ろされた新曲も収録。

阿部海太郎
2008年10月8日発売 ¥2,800 (税別)
全18曲 MUSR-002, DDCM-8002

収録曲:
A sound story Hotel Butterfly
サウンド・ストーリー「ホテル・バタフライ」

  1. Hotel Butterfly
    ホテル・バタフライ
  2. Maître d’ hôtel
    ホテル支配人
  3. Ballet N°2 de “ Tablecloth ”
    テーブルクロスのバレエ第二番
  4. Siesta
    シエスタ
  5. Sunday
    日曜日
  6. Ainsi s’ écoule le temps passé a l’hôtel
    ホテルの時間はかく流れし
  7. Chanson du papillon
    蝶の歌
    La suite de “Calendar ”
    組曲『カレンダー』
  8. BROOCH
    ブローチ
  9. a stroll into the depth of magical land
    あるくにをあるく
  10. gigue “petite fleur” pour hautbois et fâgot
    小花柄のジーグ オーボエとファゴットのための
    La suite de “Cup & Saucer”
    組曲『カップ・アンド・ソーサー』
  11. La valse
    ワルツ
  12. Le ripple (Gymnopédie N°1)
    リプル(ジムノペディー第一番)
  13. romance “du mot arcaïque” pour hautbois et fâgot
    古語で書かれたロマンス オーボエとファゴットのための
    La suite de “Brown Morsels of Desire”
    組曲『欲望の茶色い塊』
  14. Le Rag pour “Chess”
    チェスのためのラグ
  15. “L’interlude”
    間奏曲
  16. La valse pour “Couple”
    カップルのためのワルツ
  17. “Le finale”
    フィナーレ
  18. La fermata mosaica
    モザイク模様のフェルマータ

Compose*, arrange and music direction : Umitaro ABE
*except for 7 Chanson du papillon (Andre Campra),
12 Gymnopédie N°1 (Erik Satie)

Musicians:
piano, accordion, keybord, toypiano, violin (3), vibraphone, percussion etc.:Umitaro Abe
oboe:Keisuke Honda (7,10,13,18)
fagotto:Sayaka Nakata (7,10,13,18)
first violin:Kumiko Kasugai (7,11,18)
second violin:Rie Kodera (7,11,18)
viola:Motoki Maruyama (7,11,18)
cello:Tetsuya Osawa (7,11,18)
contrabass:Kazuhiro Tanabe (7,18)
vocal:Thomas Antoniett i(7)
clarinet:Kosuke Matsunobu (5)
unari-bo:Eric Nagy (12)
malmark handbells:Mao Yamazaki (12)
tap:PORI (11)
sound design:Eric Nagy (1,4,5)
*track12 was originaliy produced by Mao Yamazaki for dormy inn project.

Art direction:Ryosuke Uehara, Yoshie Watanabe (D-BROS)

【D-BROS(ディーブロス)とは】
グラフィックデザイン、広告の制作を主とした株式会社ドラフトを母体にして、1995年同社内に発足したプロダクトデザイン・プロジェクト。カレンダー、グリーティングカードなどのステーショナリーや、時計などのインテリアツール、グラスなどのキッチンツールなど、幅広いアイテムを発表、製品化しており、そのプロダクトは日本を中心にニューヨーク、パリ、ミラノなど各都市において販売されている。