• 2015.9.10

    音楽と劇中歌を担当した舞台『海辺のカフカ』(2012年初演・2014年再演)が、今年、蜷川幸雄氏生誕80周年を記念してワールドツアー中です。ロンドン(5月・Barbican Theatre)、ニューヨーク(7月・David H.Koch Theatre)での上演を経て、埼玉で上演されます。その後、シンガポール、ソウルでも上演予定です。

    『海辺のカフカ』→
    原作 : 村上春樹
    脚本:フランク・ギャラティ
    演出 : 蜷川幸雄
    出演 : 宮沢りえ、藤木直人、古畑新之、鈴木杏、柿澤勇人、高橋努、鳥山昌克、木場勝己 他

    埼玉公演:
    日程:2015年9月17日-10月
    会場:彩の国さいたま芸術劇場

    シンガポール公演:
    日程:10月30日-11月1日
    会場:Esplanade-Theatres on the Bay

    ソウル公演:
    日程:2015年11月24日-28日
    会場:LG Arts Center

  • 2015.9.9

    音楽専門誌「ラティーナ」9月号の特集「日本の新しい室内楽」の中で、NRTの成田佳洋さんが「阿部海太郎と『これからの室内音楽』の可能性」という文章を書いてくださっています。

    Latina → 

  • 2015.9.6

    放送スタート時からテーマ音楽を手掛ける『W座からの招待状』が放送200回を迎えました。これを記念して、毎回映画を紹介する招待状アニメーションのためにつくってきた楽曲(つまり200曲!)から、選りすぐりを集めたオリジナルサントラCDができました。面白い1枚になっています。長友啓典さんデザインのジャケットはLP盤サイズ。そして、全アニメーションに文章を寄せていらっしゃる小山薫堂さんがCDに『まっ白な音符』とタイトルをつけてくださり、さらに文章も添えてくださっています。

    番組をご覧の方に抽選で200名にプレゼント(9月30日24:00応募〆切)されるほか、10月1日からはWOWOWのショッピングサイトでも限定販売(現在予約受付中)です。今後、阿部のライブなどでも販売する予定です。

    『W座からの招待状』オリジナルサウンドトラックCD
    「まっ白な音符」
    価格:3,240円